プロセスの可視化と管理 - Visibility of Process & Management

内部統制、JSOX、BPM、PCI、度重なる法令改変等、現在企業にはプロセスの可視化、文書化と徹底した管理が求められています。可視化や外部システムによるワークフロー管理は近時散見されるようになりましたが、それでも尚以下の問題が残されています。

プロセスの可視化と管理

可視化やワークフローに留まらない基幹システム直結の能動的管理の必要性

法令に求められる管理とは、プロセスの変更、新規開発、検証を含みますので、最終的には可視化されたプロセスやワークフローが基幹システムに直接連動し、ビジネスルールに従って正確に変更、新設、管理される必要がある。

文書自動化

ドキュメンテーション(文書の作成、メンテナンス)は、企業にもベンダーにも悩みの種であり、多くの労力が必要となる。また、これを適切に行っていないといつしかシステムもプロセスもブラックボックス化してしまう。

プロセス管理の自動化、最適化

例えば銀行には180万通りのプロセスのシナリオがあるといわれているが、一定の自動化、最適化がソフトウエアによって行われないと、プロセス管理にも巨額の費用が必要となってしまう。

資料請求・各種お問い合わせ

PCIDSS 2009年7月取得